BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエットコラム
  4. ダイエットと深く関わる、内側からの冷え対策と、外側からの冷え対策

ダイエットと深く関わる、内側からの冷え対策と、外側からの冷え対策

こんにちは!

Limeパーソナルジムで食事指導専門トレーナーの工藤です。

さて、朝布団から出るのが億劫な季節になってきましたね。

冷え性な方が多い女性にとっては辛い季節かもしれません。

本来、人間の身体は夏に比べて冬の方が痩せやすいので、ダイエットするなら冬とも言われるくらいなのです。

しかし、「毎年冬になると気づけば太ってしまっていることが多い」と思う方もいらっしゃるのでは無いのでしょうか。

そのような方は、もしかしたら冷え体質かもしれません。

酷くなければあまり自覚していなくても、もしかしたら内部が冷えているかもしれません。

私も以前は極度の冷え性で、冬場は電車の中で立っていられないほどでした。

しかし、長い時間をかけて少しずつ克服しています。

今日はそんな私も意識してきた、

冷え対策として効果的な方法をご紹介していきます♩

内側から冷えを解消するのに効果的な食べ物

冷え対策は、内側(食べ物)からと外側から、両方必要です。

まずは、冷え対策に効果的な食べ物からチェックしていきましょう。

固いもの  

チーズ、漬け物、ごぼう、かぶ、根菜類

固い食べ物は、水分や油分が少なく身体を温めると言われています。また、ごぼうやかぶなど、土の中で育つものは温めるとされています。逆に土の上で育つ葉物は、冷やすと言われています。

寒い土地で採れるもの  

りんご、さくらんぼ、ぶどう、蕎麦など

寒い土地・時期に育った植物、それを使った食品は身体を温めてくれます。

身体を冷やす傾向にある果物でも、りんご、さくらんぼ、ぶどうなど寒い地域で育つものは例外的に温めてくれます。

黒っぽいもの  

黒砂糖、紅茶、黒豆、ひじき、醤油など

白い食べ物は、身体を冷やすのに対して、黒い食べ物は身体を温めるものの代表格です。黒胡麻や黒砂糖、黒豆や、醤油などの調味料も、これに分類されます。

暖色系のもの  

紅鮭、海老、赤身の肉、卵、明太子、小豆など

火や温かさを連想させる赤・黄色・オレンジといった暖色系の食べ物は身体を温めてくれます。赤身の肉、紅鮭、卵、チーズ、明太子、小豆などがこれに当たります。

また、温めるものを意識的にとることも有効ですが、

身体を冷やす食べ物に気をつけることもとても重要です。

暖かい土地で育った植物は、身体の熱を下げる作用があります。体温アップのためには、摂り方を工夫していきましょう。

 

身体を冷やす食べ物

身体を冷やす食べ物は、主に南方産・寒色系・柔らかいもの  になります。

牛乳、きゅうり、パン、バナナ、トマト、コーヒーなど

暖かい土地・時期に育ったもの、青・白・緑などの寒色系のもの、水分・油分の多い柔らかいものは、身体を冷やすとされています。

また、生野菜や、清涼飲料水、添加物なども身体を冷やします。

しかし、

身体を冷やすものは、温めるものに転換できます

真っ白な牛乳は身体を冷やすものに分類されますが、発酵させると固いチーズになり、身体を温める食べ物へと変化します。

このように、身体を冷やすものも、調理法を変えれば温めるものになりますので、調理法を工夫することも、冷え対策には有効です✨

まと、身体を冷やす食べ物をとるときにはあたためるものと掛け合わせるよう、工夫していきましょう✨

外側から、毎日実践できる冷え対策

続いては、外側からの対策です。毎日実践できるようなできる小さなことをご紹介します。コツコツと積み重ねていくことで、徐々に体質も変化していくはずです🍀

靴下やカイロを使う

手っ取り早くできることですので、多くの方が意識していることかもしれません。

全く意味が無いという訳ではもちろんありませんが、

これらはあくまで対処療法であり、身体を内面からあたためてくれるものでは無いことを覚えておきましょう。

ですので、一時的な対策ではなく内面から改善していくための方法を日々実践していく必要があります。

自分の力だけ体を温められる体を目指していきましょう!

次からは、根本的な対策方法をご紹介します。

 

マッサージでほぐす

がちがちに固まったで重要なのは、まず、ほぐすことなのです。

末端に血液を送り届けるために、凝り固まった体をほぐし、血液やリンパを体の先まで流していきましょう。

特におすすめなのが足裏の湧泉(ゆうせん)というツボです。土踏まずの真ん中から指二本分ほどつま先側、くぼんだ部分が湧泉です。ここを刺激することにより全身の血行が良くなり、体が温まるだけでなく、脚全体の血流がよくなります。

少しいた気持ちいいところを探して、押してみてください✨

 

骨盤を整える。

骨盤の歪みによって、血行が悪い状態になってしまうことも冷えの原因になります。

  • 骨盤を整えるトレーニング

壁の角の前に立ち、両壁のラインに足の外側を合わせ、ゆっくり腰を落としてスクワットします。肩が壁についていてOKです。

これを、20回程度繰り返しましょう。

骨盤周りを緩めることで、日中の様々な動きでゆがんでしまった骨盤をリセットしてくれます。骨盤周りは自律神経がたくさん通っているので、ここの循環がよくなるとリラックスしやすいです。夜の歯磨き時に取り入れてみてください

また、骨盤パンツや着圧タイツで整えるのも1つの手段です。

 

首のつくところを温める

寒い日の外出時のマフラーも有効ですが、自宅やオフィスではカイロで、関節をあたためることもおすすめです。

足首はレッグウォーマーで温めるほか、足首を回したり、ストレッチしてほぐしてみましょう。

股関節が硬い方は、股関節をほぐすトレーニングを重点的に行ってみてください。 

ほぐす、整える、あたためる

この3つを毎日きちんとこなすことにとよって、全身の血液が巡り、冷え改善に繋がります。

一時的に、冷たい部分をあたためるのではなく、全身の血液の巡りを良くすることがとても重要なのです。そらを続けていくことがダイエットに繋がりますよ✨

時間を毎日とらなくてもできる、どれも日常に取り入れやすい小さなことかと思いますので、是非隙間時間に実践してみてくださいね🍀

最後に

対策というと、なにかと頭を使い面倒なイメージがあるかもしれません。

しかし、何事も習慣にしてしまえば、隙間時間に楽にこなせるようになります。

またその上では「気持ちいい」という感覚がとても重要です。

冷え性は、12日で改善できるものではなく、長い時間をかけて徐々に改善できていくものです。

だからこそ、

「頑張る」のではなく「気持ちいいから毎日やる」という意識を持つことが大切です。

実践していけば体はゆっくりと、でも確実に変化するのでまず気持ちよく、続けてみてくださいね♩

気持ちの良い血液の巡りを意識して、自分の身体と、優しく丁寧に向き合っているうちに、心にも余裕が生まれてくると思いますよ🍀

ではでは(^^)/~~~

 

LIMEパーソナルトレーニングジムの体験お申込みはこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!

[b]

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事