ボディメイクのお供に!筋トレの効率が上がる食べ物紹介

ダイエットコラム

カラダ作りをがんばるために毎日ジムに通い、トレーニングをがんばっている人は多いと思います。

しかし、食事のほうはおろそかになっていませんか?いくらトレーニングをがんばっても身体に材料がなければ意味がありません!今回はカラダ作りにオススメの食材をいくつかご紹介いたします!

あなたは一日どのくらい食べてる?

皆さんは一日にどのくらいの量を食べていますか?大体の人が一日2~3食くらいだと思われますが、実は食べる時間が空けば空くほど脂肪が付きやすくなってしまい、あまりカラダ作りに良くありません。

なぜかと言いますと、基本食事をお子なた跡は血糖値が高くなり徐々に減っていくのですが、食事の間隔が空いてしまうとその間にもどんどん血糖値が減っていってしまい、そうなってしまうと身体が脂肪を増やそうとするので結果体脂肪が増えてしまいます。

脂肪はカラダ作りに余分なものなので極力避けていきたいですよね。

食事は一番大事!

食事はトレーニングよりも大切になっていきます。食べ物は身体の材料であり、食べたもので筋肉や髪、皮膚などが作られています。

なので、食べる量が少なかったり何も食べないでいると身体に蓄えられている体脂肪を使いエネルギーを作ることが出来るので、脂肪はどんどん減っていきます。

しかし、体脂肪だkでは賄いきれない場合、筋肉を分解してエネルギーを作ろうとするので、どんどんやせ細ってしまいます。かといって食べ過ぎてしまうとドンドン脂肪が蓄えられてしまうので、程よく食べていくことが重要です!

でも何を食べればいいの?

とはいっても、食べ物はこの世界で沢山の種類があり、どの食べ物がカラダ作りに良いのかなんてあまりよくわからないですよね…

ご安心ください!私がいくつかカラダ作りに良い食べ物をピックアップしました!良ければ最後までお付き合いください!

1.とり胸肉

まずカラダ作りに欠かせない食材と言ったらとり胸肉は欠かせないですよね!

とり胸肉は低カロリー高たんぱく質で値段も安くどのスーパーでも扱っているメジャーな食材なので、絶対に外せません!

とり胸肉100gあたり108kcalで約9割がたんぱく質で、たんぱく質の量ががプロテイン約1杯分と言うとてもすばらしい食材です。さらに、とり胸肉にはビタミンB群やカリウムが多く含まれており、疲労回復やむくみ解消などの効果も期待できるので、たち仕事で足がむくんでいるときや仕事やトレーニングで疲れ他時はとり胸肉を食べて良質なたんぱく質をとりつつむくみや疲労を取り除いてしまいましょう!

ただ、味が淡白でレパートリーも限られてしまうので飽きてしまわないよう荷料理の工夫を大事です!

2.パスタ

パスタは料理のレパートリーが多く、しかもどれも美味しいですよね。

パスタは美味しいだけではなく実はボディメイクでもとても優秀な食材なのです!意外にもパスタには100gあたり12g物たんぱく質が入っており、炭水化物の量も豊富でとても食べやすいので体重を増やしたいと言う方にオススメです!

ただし、GI値がとても高く消化が早いので食べ過ぎてしまわないように気をつけながら食べましょう!ただし、ペぺロンチーノ等の資質が高い料理はなるべく避けるようにして、ミートソースパスタのようなお肉も入ってるような料理をいしきし、出来るだけ高たんぱく質をメインに考え食べましょう!

3.オートミール

皆さんはオートミールと聞いてピンときますか?

オートミールとは、燕麦という麦をを調理しやすく加工したもので、水や牛乳でふやかして食べるのが主流になります。基本的に味付けをしないと味はなく、食管も独特なので食べるのに多少抵抗があったり、好き嫌いが分かれるかもしれません。ただ、調理次第で様々な変化を見せるのでとても幅の広い食材です!

成分はとても優秀で、食物繊維が豊富で腸内環境を整えたり、便通を良くしてくれます。腸内環境はトレーニングする人にとってもすごく大事で、もし悪かったりするとせっかく摂取したたんぱく質などの大事な栄養素を吸収しないまま外へ出て行ってしまいます!

さらに、ミネラルも豊富なので体調の改善を促してくれます!

一日何食が一番?

大体の方が1日に3食食べていると思われます。それは江戸時代後半からの習慣で、最もバランスの良い生活習慣であるといえるからです。

しかし、現代の食生活は多様化しており、一日1~2食だけの人もいれば5食も6食も食べる人がいます。

基本的に1日の食事回数を減らせば減らすほど1食に食べる量は多くなります。そうすると吸収し切れなかった栄養が脂肪として体内に蓄えられてしまうので、食事の回数に対して太ってしまうのです。この食べ方は、力士のような脂肪も筋肉もつけたい人が行っている食べ方なんです!

逆に、食事の回数が多くなれば一回の食事量も少なくて済むので、痩せたい人やあまり脂肪をつけずに筋肉をつけたい人などは食事回数を多くしてみてはいかがでしょうか!

大事なのはバランスよく摂ること

しかし、食事回数を多くしたからと言っておにぎりやうどんなど炭水化物ばかり摂ってしまっては意味がありませんよね。

食事はたんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく摂って、健康に気をつけてしっかりとボディメイクをしていきましょう!