ダイエットに最適?スパイスカレーの魅力とは⁉

2019年9月14日ダイエットコラム

ダイエットに最適?スパイスカレーの魅力とは⁉

高カロリーなイメージのカレー。ダイエット中は敬遠されがちですよね。

たしかに市販のカレールーは、その1/3が脂質であるうえ、トロミをつけるために小麦粉が多く含まれています。

脂質と糖質がいっぺんに取れてしまうので、ダイエット中は控える人が多いようです。

ダイエット中のカレーは大丈夫?

市販のルーを使わずに、カレー粉などのスパイスから作れば、無駄な脂質・糖質をカットできるので、ダイエット中もカレーを楽しむことができますよ!

ダイエット中にカレーを食べるためのスパイスとは?

スパイスには様々な種類があり、その種類によって得られる効用も少しずつ異なります。

  • 唐辛子…代謝促進、脂肪燃焼、血流促進
  • ターメリック…解毒、代謝促進、肝機能向上
  • コリアンダー…美肌効果、消化促進
  • クミン…食欲増進、消化促進、糖質代謝促進
  • 生姜…血流促進、冷え性改善
  • クローブ…精神安定、抗菌、消化機能向上

「代謝を上げたい!」
「脂肪を燃やしたい!」
「免疫力を高めたい!」

などの目的別に、スパイスの量や組み合わせをアレンジしてみるのも良いかもしれません😊

ダイエット中でもカレーを食べるための具材選び

また、カレーの具材は、玉ねぎ、人参、じゃがいもなどの糖質が多い根菜類はなるべく控えめに。
代わりに、

  • トマト
  • ズッキーニ
  • 茄子
  • ブロッコリー
  • ほうれんそう
  • キノコ類

などを入れるのがおススメです。

そして一緒に摂る炭水化物は、白米やナンよりも、栄養価の高い雑穀米や玄米、比較的カロリーの低い豆製品(煮豆や豆腐、おから)などにチェンジするとダイエット効果が高まります🍛

カレーライスはご飯の量が多くなりがちですが、ご飯の量を50グラム少なくするだけでも、約100キロカロリーを抑えることができますので是非お試しください。

どうしても足りない場合は、高タンパクで満足感がある【たまご】

ビタミン類や食物繊維が豊富な【ミニサラダ】

をプラスするのも良いですよ✨

ダイエット中に食べたいカレーのまとめ

今回は、ダイエット中に食べたくなってしまうカレーについてまとめました!

この記事で紹介した内容を参考に、スパイスを活用して、ダイエット中もカレーを楽しみましょう!🤤

LIMEパーソナルトレーニングジムの体験お申込みはこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

工藤 梨央のインスタアカウントはこちら

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!