ダイエットに有効?サプリメントの活用法のポイント教えます!!

ダイエットコラム

こんばんは🌙

LIMEパーソナルトレーニングジム目黒で食事指導担当の工藤です‼️

さて、今日はサプリメントの活用法について書いていきたいと思います。

ドラッグストアに行ったり、ネットサーフィンをしていると「これで食べたものがなかったことに!」
や、「1日分の野菜が一粒で」
と言ったサプリメントの広告が目につくことが多く飛び込んできませんか?

こういった文字を見ると、つい惹かれてしまうかもしれません。

もちろん、悪いものというわけではないのですが、サプリメントについては正しい認識を持った上で必要に応じて使用することがとても大切です!

今回は、このようなサプリメントを活用する上でのポイントについて、ご説明していきたいと思います。

 

サプリメントの活用のポイント

ではではさっそく、サプリメントを活用する歳のポイントについて、みていきましょう☝️

食事で足りない栄養素を補う

サプリメントについては、基本的に、食事で足りない分の栄養素を補うものと考えていただければと思います。

基本的にきちんと毎食で野菜も食べられていればサプリメントを飲まなくても大丈夫です。

しかし、それも中々大変な場合はサプリメントに頼るのも一つの手段です。

その上ではこの成分の適量はどのくらいなのかということを確認してから、製品を選ぶ意識が大切です🍀

過剰摂取に注意

栄養素は沢山とろうとしがちかもしれませんが必要以上の量をとってしまうことで、返って有害にもなります。

例えば、ビタミン・ミネラルに関しては日本人の食事摂取基準の上限量を超えないほうが良いとされています。

数日ならそれほど問題はないのですが、上限を超える量を長期間(数か月)続けると、健康に被害が出る可能性があると言われているのです。

万が一複数のサプリメントを利用する場合は、各栄養素の合計量が上限量を超えないよう、確認しながら服用する必要があります。

多ければよいというわけではありませんし、また一方で少なすぎても目的とする効果が得られないので、気をつけましょう‼️

組み合わせ方にも注意

また、「サプリメントは食品だから安全」と考えている方が多いかもしれませんが、組み合わせ方も注意が必要です。

これは組み合わせによっては無駄になったり効果を強めたりすることがあるためです。

例えば、脂質の消化・吸収を抑えるような成分と脂溶性ビタミンを一緒に摂ると、脂溶性ビタミンの吸収率も下がってしまいます。

また、サプリメントの多くは目的の栄養素だけでなく、添加物も加わっているため、むやみに頼ってしまうと添加物を摂る量も増えてしまいます。
また、使い切れなかった成分を排泄するために腎臓や肝臓などに負担がかかってしまうことがある点も、きちんと把握した上でとりいれることが大切です✨

サプリメントに頼りすぎない

また脂肪燃焼などを謳ったものもありますが、それに頼るよりも、まずは、食事を変えることを考えましょう。

サプリメントを否定する訳ではありませんが、それどころか(人それぞれではありますが)そのようなものを飲んでしまうと返って気持ち的に、「これを飲めば大丈夫」と油断して食事量が多くなってしまい、結局は油断の元になったりと、お金の無駄になってしまうケースもあるかもしれません。

「サプリメントがあるからいいや」
となるのではなく、あくまで、「補うもの」や、「万が一の時に活用するもの」と考えるのが賢い利用の仕方だと思います🍀

まとめ

今日はサプリメントの活用法について、ざっとご説明させていただいてきました‼️

むやみやたらに頼るのではなく、その栄養素の必要な量をきちんと把握した上で、足りない分を補うつもりで、上手に利用していきましょう。

ではではっ👋

LIMEパーソナルトレーニングジムの体験お申込みはこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!